よりよいピンクコンパニオンを選ぶためにimage
ピンクコンパニオンに好かれる接し方というのはありますか?

ピンクコンパニオンとの過ごし方も少しずつ変化しているようです。

どのような接し方がオシャレなのか、プランを含めお話ししておきましょう。

■グルメ&ピンクコンパニオンで美味しさ2倍!

料理の美味しい旅館に泊まって、ワイン片手にゆっくり楽しみながらピンクコンパニオンを呼ぶというのが流行っています。

近場に温泉街があればそこに行って、日帰りを楽しむのもいいでしょう。

回答者の私は、吉良温泉とか、湯沢温泉が好きで料理もうまいので、ピンクコンパニオンを呼ぶときはそこを定宿にしています。

上級者になると、ガツガツとした感じのエッチではなく、おしゃれ&スマートなエッチを楽しむそうです。

何がそうなのかわかりませんが~。

■長時間の派遣を前提に露天風呂や美術館に。

露天風呂にピンクコンパニオンを誘うのもアリだそうです。

お金に余裕があって、ピンクコンパニオンとそのような長時間のお楽しみができる方は、嗜好を凝らしてやってみてはいかがでしょう。

美術館巡りとかに同行させるお客さんもいるそうです。

私には勿体なくてそのようなスマートは実践できませんが。

もちろん若い人ではなく、40歳を過ぎたくらいの金銭に余裕のある人の楽しみ方です。

■ピンクコンパニオンも人間ですから優しい男性が好き。

時間を贅沢に使うオシャレでなければ、優しく接するだけでもファンになってくれます。

いまどきのピンクコンパニオンはちゃっかりしています。

ご指名が入っても、ガツガツ系のいやな客なら、キッパリ断りを入れてくるそうです。

流行を追う前に、優しさの再点検を行ってみましょう。

check!…旅館の仲居さんに聞いた「残念な客」 反面教師として学ぶマナー - ライブドアニュース

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By よりよいピンクコンパニオンを選ぶために. All Rights Reserved.